眼精疲労の名医や有名な病院

ネットで話題の眼精疲労改善法のご紹介

1 前田

もしも、あなたが「たかが、疲れ目、たかが、眼精疲労」と軽く考えていると、視力低下、白内障、緑内障、脳や身体の機能低下…あなたの未来はとんでもないことに……


>> 詳細はこちら

名医のいる病院や有名な病院を紹介

日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

神の手やスーパードクターと言われている医師も在籍している病院や、先進医療の導入を進めている病院もご紹介できると思います。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

眼精疲労の症状

眼精疲労に関して出てくる症状はいろいろですが、その中で、目の中にゴロゴロと異物感があるという症状がよく見られます。

 

この症状は、目薬を用いることで改善する場合がありますが、症状が酷いと、目薬を使用してから数十分から数時間後にはまたもやゴロゴロとした異物感を感じる場合があります。そして、光がやけに目にささるように感じるのも眼精疲労の症状として挙げられます。

 

自宅から一歩出ると、妙に太陽の光が目をさすように感じてしまったり、テレビの演出で画面が光った際などに、目を開けたままではいられないほどまぶしいという感覚が現れます。

 

個人個人でどういった症状が出てくるのかは変わってきますが、こうした症状が出てきたとき、短時間でも目に休息を与えることが大事になります。

 

これ以外に、目の白い部分が赤くなっているときなどは、眼精疲労の状態がずっと継続しているかもしれないため、最初に自分の目を鏡に映してどういう具合になっているのかをじっくりと調べましょう。

 

他にも、頭痛を感じたり、何となく頭が重いといった症状も現れるので、何かいつもと違うなと思ったら、眼科を訪れ診察してもらうのが良いでしょう。症状が重くなると、焦点が合わなくなったり、頭痛や吐気も生じて生活が困難になることもあります。

 

眼精疲労ではないだろうかと思ったら、目薬を点眼したり目を休ませるといったことをして、早めに対応しましょう。ストレスが溜まってしまうことも考えられますので、自分自身の目の様子を確かめておきましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労をもたらす要因は人それぞれ違いますが、目を酷使しているパターンが最も多いということです。
代表的なもので言うと、長い時間机に向かって仕事をするなど何かを集中して見続ける作業を行なっている人は、気をつけなくてはなりません。趣味に打ち込んでいる人も、細かい作業が続く場合は、一定時間ごとに目を解放してあげましょう。

 

そして、乾燥した部屋で過ごしている人も、目に負担をかけている可能性が高いです。目を使いすぎているとは思えないのに、眼精疲労だと感じてしまうという人は、部屋の中の湿度が十分なのかを意識してみましょう。

 

近年多い要因といえばコンタクトレンズをつけていることによるものです。今までであればコンタクトレンズを使うためには眼科に足を運ぶ必要がありましたが、今ではインターネットを利用して楽に買うこともできます。ですから、始めに眼科で視力測定は行いますが、その次からはインターネットで安いものを手に入れるというケースがよく見られます。

 

しかしながら、年を重ねるごとに視力は違ってきますので、相当前に視力を測ってもらってから、度数を変えないままのコンタクトレンズを使っている人は、自分の目に合わないコンタクトレンズを利用し続けている危険性もあります。

 

そういった際には、眼精疲労になってしまうことはもちろんですが、メガネでも同じです。仕事が無いときなどは、コンタクトレンズなしで過ごしてみて、眼精疲労による症状が治まったと感じたときには、コンタクトレンズが原因かもしれません。