眼精疲労 大阪

ネットで話題の眼精疲労改善法のご紹介

1 前田

もしも、あなたが「たかが、疲れ目、たかが、眼精疲労」と軽く考えていると、視力低下、白内障、緑内障、脳や身体の機能低下…あなたの未来はとんでもないことに……


>> 詳細はこちら

眼精疲労の対策とVDT症候群

眼精疲労の対策とVDT症候群

現在、VDT症候群という新しい病気が増えています。VDTとはワープロ、コンピューター、テレビゲームなどの事をいい、現代私たちの周りはVDTに溢れていますね。 VDT症候群とはVDTで長時間作業をする事事により、目や体や心に症状の出る疾患です。テクノストレス眼症と呼ばれる事もありますね。 VDT作業では長時間に亘って同じ姿勢をとることが多く、首、肩、腕、手などと言った筋肉が緊張した状態になります。また視線は画面、キーボード、書類の間を頻繁に移動する為眼精疲労になりやすくなります。 VDT症候群の症状には肩コリ、首筋から肩、腕の痛み、倦怠感などがあり、慢性的になると、背中の痛み、手指のしびれ等の症状に進行することもあります。また常にイライラしたり、不安感があったり、抑うつ状態になるなどの精神的な症状が出ることもあります。 VDTの連続作業時間が長い人には、目についての症状が多く見られます。眼精疲労、視力が落ちる、目がかすむ、物がぼやける、目が痛むなどが最も多く、ひどい人では近視、結膜炎、ドライアイなどを起こします。めまいや吐き気を起こすこともあります。 VDT症候群を防ぐための対策では、まず適度な休憩をとることです。1時間に15分は席をはずし、遠くを眺めるようにしたり、軽いストレッチで体をほぐすと効果的です。 メガネやコンタクトは自分に合ったものを使うことも重要な対策です。眼科のVDT症候群の治療では、点眼薬やのみ薬の他、VDT対策用のメガネが処方されることもあります。

眼精疲労-名医のいる病院や有名な病院-大阪府記事一覧