眼精疲労 東京

ネットで話題の眼精疲労改善法のご紹介

1 前田

もしも、あなたが「たかが、疲れ目、たかが、眼精疲労」と軽く考えていると、視力低下、白内障、緑内障、脳や身体の機能低下…あなたの未来はとんでもないことに……


>> 詳細はこちら

眼精疲労の対策とマッサージ

目の疲れを放置しておくと、眼精疲労や視力の低下など、深刻な症状に進行してしまいます。目の疲労を感じたら、早めに解消することが大切です。そこで眼精疲労対策として、仕事や家事の合間にできる手軽な目のマッサージがあるみたいです。

 

一つ目の方法は指を使って行うマッサージです。まず目を閉じて、両手の親指の腹をまゆ毛の下に置きます。目の上の骨に沿って指を滑らせながら、優しく押していきます。

 

次に両手の人指し指と中指をそろえて、目の下の骨に沿って指を滑らせながら、やさしく押していって下さい。この方法は目の周りの筋肉をほぐし、リンパ液や血液の流れを促すので、目を開けた時には目がすっきりしているのを感じるでしょう。温めたタオルを目にのせて行うとより効果的です。

 

マッサージの際には眼球を圧迫しないように気をつけて下さい。またコンタクトを使用している時にも注意が必要となります。

 

次に指を使わない眼球周りの筋肉のストレッチの方法なのです。まず目を閉じた状態から、両目を大きくぱっと見開きます。次に顔は正面のまま、両目をのんびり左右へ順に動かします。左右が終わったら次に上下へ動かします。このストレッチは一日に2から3回、気が付いた時にこまめにすると効果的です。

 

マッサージは眼精疲労の対策になるだけではなく、目の下のクマを消し、目元をぱっちり見せる効果も期待できます。眼精疲労のマッサージには色々な方法があります。色々な方法を試し、自分に合ったマッサージを毎日習慣的に行うことが効果的な対策です。

眼精疲労-名医のいる病院や有名な病院-東京都記事一覧